現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 事業案内
  3. 深川未来ファームとは

深川未来ファームとは

北海道深川市の農業は、家族経営を主体に道内でも有数の米産地として高い生産技術の下、水稲に小麦や大豆、そば、野菜・花きなどを組み合わせた収益性の高い複合経営を展開し、基幹産業として地域経済を支えています。
一方、少子高齢化とともに市外への人口流出が続いており、農業についても、従事者の減少や高齢化が進行し、将来的には、農業生産力とともに地域コミュニティの維持に必要な人材の不足を生じることが懸念されています。
このため、地域の中核的な農業者となり得る人材として、農家の後継者に加え、非農家や市外からの新規就農者が求められています。
深川未来ファームは、農業法人として農畜産物の生産をおこないながら、こうした課題に対応し、「深川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる主要施策である、優良農地継承と担い手育成・確保を推進するため、市内農業関係機関・団体と連携しながら、新規就農希望者を雇用し、独立に向けた支援をおこなう他、優良農地の保全といった公的な役割も担っていきます。

深川未来ファームのイメージ画像

主な事業

地域農業の持続的発展に寄与することを最大の目的として、様々な事業展開をおこなっていきます。

新規就農相談事業

熟したトマトの写真深川市で新たに農業をやりたいかた(新規就農希望者)の募集、深川市での就農に関する相談窓口を設置し、ワンストップで対応します。

農業経営実践事業

社員による農作業の写真新規就農者を社員として雇用し、自社農場や農業支援先での作業を通じて農業経営に必要な知識・技術を身につけるための実践的な研修をおこないます。

アグリサポート事業

ソバ畑の写真市内農家の農作業の支援活動や、遊休農地化を防ぐための農用地保全活動などの取り組みをおこないます。